HOME > カウンセリングの流れ

カウンセリングの流れ

カウンセリングの流れ

予約

予約フォームまたはお電話にて承ります。空き状況は予約・空き状況カレンダーにて、ご確認いただけます。

オンラインカウンセリング(スカイプ・LINE)の料金は先払いとなります。原則として予約日の2日前までにお支払いをお願いします。お支払いの確認をもって予約受付完了となります。お支払い方法は、銀行振込またはクレジットカードです。

カウンセリングルームへお越しになる方は当日、面談終了後にお支払い下さい。お支払い方法は、現金またはクレジットカードです。

来談

江坂駅(大阪メトロ御堂筋線・北大阪急行)から徒歩6分です。駅からの詳細な道順はアクセスのページにてご確認下さい。写真入りでご案内しています。

ビルに入口右に自転車またはオートバイを止めるスペースがあります。お車の方は周囲のコインパーキングをご利用下さい。複数のコインパーキングがあります。

オンライン(スカイプ・LINE)カウンセリングの方は予約時に当方のIDをお知らせします。

初回面接

カウンセリングの様子

特に準備が必要なものはありません。相談内容を整理するのがむずかしいこともあると思います。その場合は、まずは一緒に整理することから始めましょう。出来事はもちろん、気持ちや考えの整理も大切です。気持ちや考えの整理が進むだけで自己解決に向かわれる方もいらっしゃいます。

相談内容をメモなどにまとめる必要はありますか、と質問されることがあります。あってもなくても大丈夫です。準備するほうが話しやすい方はそうして下さい。準備なしでお越しになってもまったく支障ありません。

基本的にはお話を聴かせていただくことを中心に進めていきます。ただ聴くだけではなく、効果的な質問を交えながら、考えが整理されて、解決へ向かう気づきが起きる(オートクラインと言います)ような聴き方をします。

相談内容やご希望に応じて、何らかの提案をさせていただくこともあります。提案を受け入れるか否かは、クライエント(相談に来られた方)の選択が尊重されます。常にクライエント中心で進められます。流行の言葉で言えば、クライエント・ファーストでしょうか。

継続面接

カウンセリングが終結するまでの面接回数は、6回から8回程度が平均的です。平均なので、1回で終わることもあれば、10回、20回となることもあります。継続についてもクライエント・ファーストで決めていきます。

取組の例を紹介します。解決志向アプローチやコーチングでは、目指すゴールを明確にして、クライエントとカウンセラーが同じ絵を描けるように共有します。そして、現状とのギャップを埋めていくために、どのように取り組んでいくかなどを話し合います。

1回の取組でゴールに到達することはむずかしく、小さな目標に分割して一歩一歩進んでいくことがほとんどです。約40kmのマラソンをゴールすると仮定すると、まずは最初の5kmをクリアするための取組を一緒に作っていきます。小さな目標をクリアし続けることでゴールに到達します。以下のようなイメージです。

行動(実験)とは、カウンセリングの場で話し合ったことを日常生活で試すことです。行動したことを次の面接でフィードバックしていただいて、次のステップに向けての取組を一緒に作っていきます。この繰り返しでゴールに到達することをサポートします。

カウンセラーはクライエントの伴走者となって、ゴールまでをサポートします。

夫婦の日

終結

目的が達成された、または、これからは一人で大丈夫という実感を得たとき、終結の話し合いを行います。カウンセラーから終結を提案することも、クライエントから提案されることもあります。ここでもクライエントの意志が尊重されます。常にクライエント中心です。

笑顔

お問い合わせ下さい

ご不明な点については、よくある質問ページにてご確認いただくか、お問い合わせフォームよりご質問下さい。試験的にLINEでのお問い合わせにも対応しています。

カテゴリー:

作成日:2017.08.09
更新日:2019.07.24

ページの先頭へ戻る