HOME > コラム > NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる

NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる


Original Update by Joe Houghton

【※ご注意】

この書籍の出版は2009年です。当時の状況という認識でお読み下さい。私は薬物治療を否定する立場には立ちません。当方へお越しになった方に、うつ病が疑われる場合、精神科の受診をおすすめしています。

NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる:宝島社(2009/9/17)
NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる

多剤療法

抗うつ薬を2種類以上処方している割合は、日本が39.4%と飛び抜けて高い。

防衛医大教授で日本うつ病学会理事長の野村総一郎さんによれば、多くの抗うつ薬を同時に投与して症状が改善するという治験データはないという。

P39より引用

心療内科、精神科へ行かれた方からよく聞くのは、わずか3分ほどの診察でうつ病と診断され、たくさん薬を出された経験をしていることです。

ただ、医師の側からするとやむを得ない面もあります。1日に100人もの患者を診察する状況では、1人に割ける時間がわずかになるのはやむを得ません。

加えて、現行の診療報酬制度では、診察に時間をかけるほど経営を圧迫します。5分で終わっても、30分以上をかけても、診療報酬は最大300円しか変わりません。

投薬治療のみに頼らざるを得ない現状があるようです。

【参考】厚生労働省:「精神保健医療福祉の更なる改革に向けて」(今後の精神保健医療福祉のあり方等に関する検討会報告書)について

診察のマニュアル化

精神障害の診断には「DSM(現在はDSM-Ⅴ)」が主に用いられています。米国精神医学界が作成する精神障害の分類体系です。

DSMは治療方針を決めるに当たって優れたシステムである一方、「浅薄化=マニュアル化」などの問題を招いている面もあるとしています。

DSM-Ⅳの解説部分には『DSM-Ⅳは料理本ではない。これを見て、簡単に診断が可能だ、などとは思ってはいけない』とはっきり書いてあるのも、このような使われ方を怖れたためである。

(中略)さらにまずいのは、医学生や若い医者の教育の影響である。最近の若い精神科医はDSM-Ⅳポケットブックという薄手のマニュアル本を白衣のポケットに入れて診察している。患者から症状を聴きだすと、このマニュアルを見て該当する症状を数えて、『診断一丁上がり』とする、という。

P42より引用

自由標榜

心療内科、精神科は他に比べて設備投資等、金銭的負担が小さいので、開業しやすい分野です。

うつ病患者の増加、自殺者年間3万人超が続く中、国は対策に力を入れています。ビジネスチャンスがある分野と言えます。実際、心療内科・精神科の診療所は増加しています。

【参考】厚生労働省:平成21年地域保健医療基礎統計

医師には「自由標榜」が認められています。医療法で定められた診療科であれば、専門であろうがなかろうが、どれを標榜して開業してもよいのです。なので、心療内科、精神科の看板を掲げていても、精神医学が専門とは限りません。

疑問を感じるところですが、医療の専門家ではありませんので良し悪しの判断はできません。医師本人に聞いてみたくても、中々聞きにくいものです。

念のため申し上げておくと、心療内科・精神科診療所の増加を批判・否定する気持ちは毛頭ありません。需要の多い分野にビジネスチャンスを求める、サービスを提供するのは当然のことです。ただ、患者の側としては、そのような事情も知っておくと良いと思います。

医師選びの注意点5ヶ条

日本うつ病学会理事長の野村総一郎さんによる「医師選びの注意点5ヶ条」が紹介されています。5つのうち1つでも該当すれば、その医師の治療法に疑いを抱いていいという指標です。

1.薬の処方や副作用について説明しない
2.いきなり3種類以上の抗うつ薬を出す
3.薬がどんどん増える
4.薬について質問すると不機嫌になる
5.薬以外の対応法を知らないようだ

国を挙げて心理療法に取り組むイギリス

イギリスでは、認知行動療法(心理療法の一つ)を中心的な治療に据えて成果を上げています。医療費削減などの効果が得られています。

イギリスのうつ病治療ガイドラインが紹介されています。ちなみに、費用はすべて無料です。

  1. かかりつけ医で診断を行う。うつ病が疑われる患者は、症状の程度を診断される。
  2. 軽度のうつ病と診断された場合、国営の心理療法センターに紹介され、抗うつ薬ではなく心理療法が施される。
  3. 中度から重度のうつ病と診断された場合にはSSRI(現在主流となっている抗うつ薬)処方される。

イギリスでは軽度のうつ病には投薬治療を行いません。

軽度のうつ病には抗うつ薬の効果はほとんどない、という臨床試験結果があるからだそうです。日本では、症状の程度にかかわらず薬物治療を行うことが多いようです。

日本では残念ながら、カウンセリングを受けられる精神科・心療内科は少数です。受けられる場合でも、保険が利くケースと利かないケースがあります。

頓挫したカウンセラー・セラピストの国家資格化

過去に臨床心理士を国家資格化しようという動きがありましたが、実現されませんでした。心理学会内の意見がまとまらなかった、医師の団体から反対の声が上がったなどが原因です。

医療以外の分野においても、心理学的行為には医師の指示が必要であるとしています。既得権を守るという強い意志を感じる、というのはうがった見方でしょうか。

カウンセラーやセラピストによる不適切な介入によって症状を悪化させてしまった例があり、不信感を持つ医師がいる、との話が紹介されていました。

逆に、精神科以外でも、カウンセリングや心理療法が必要と考える医師もいます。病気や怪我から精神的なダメージを受ける患者がいるからです。

【※ご注意】

冒頭で申し上げた通り、2009年に出版された書籍です。私は薬物治療を否定する立場に立ちません。当方へお越しになった方に、うつ病が疑われる場合、精神科の受診をおすすめしています。死を口にされる方には、必ず精神科を受診するように強くお願いしています。

カテゴリー:コラム
キーワード:,,
投稿日:2011.05.25
更新日:2018.02.02

ページの先頭へ戻る