HOME > コラム > なぜ、海外を放浪すると自分が見つかるのか

なぜ、海外を放浪すると自分が見つかるのか


Original Update by Daniele Sartori

自分探しのために海外を放浪、という話を聞くことがあります。
なぜ、海外を放浪すると、自分が見つかるのでしょうか。

自分の中にいる他人

普段の私たちは、家庭や職場などで色々な役割を持っています。期待されること、守らなければならないルールがあります。

自分の行動のすべてを自分の価値観で決定しているつもりでも、社会や所属するグループの影響を受けていることが多いでしょう。

自分の中に、自分と自分以外の決定権者がいる状態、と言えるかもしれません。

自分の中にいる他人を追い出す

非日常的な場面に身を置くと、社会の様々な場所における役割から解放されます。普段、自分の中にいる他人は姿を消します。完全に消えなくても、普段よりずっと小さいものになります。

普段の役割から解放されたり、「○○すべき」の縛りから解放されたとき、ふたをしていた生の気持ちが、顔を出しやすくなるのでしょう。そうして、普段気づかなかった自分に気づきやすくなるのでしょう。

生の自分をのぞいてみませんか

カウンセリングでも、海外放浪と同じ効果を期待できます。

カウンセラーは、モラルに反することでも、実行すれば犯罪になるようなことでも、あなたの心の中にあるものすべてを肯定的に受容します。そして、共感します。

犯罪を犯すのは止めますが、犯罪とわかってても実行したくなるほどの気持ちを受け止め、理解し、共感します。

役割の服を脱ぎ捨てて、生の自分を出せる人間関係を作ります。面談を続けるうちに、カウンセリングルームに入った途端、役割の服を脱ぎ捨てられるようになります。

参考書籍:カール・ロジャーズ入門―自分が“自分”になるということ

カール・ロジャーズ入門―自分が“自分”になるということ

カテゴリー:コラム
キーワード:
投稿日:2010.12.28
更新日:2015.02.03

ページの先頭へ戻る