HOME > コラム > コミュニケーションとカンバセーション

コミュニケーションとカンバセーション

ある夫婦の例

奥さまの様子に危機感を持って、ご主人の提案でカウンセリングを受けに来られました。奥さまの表情には、あきらめや冷めた気持ちが感じられます。

自分から言葉を発しない奥さまに言葉を促すと、最近のご主人は育児や家事にとても協力的とのことです。ご主人の努力がうかがえます。

しかし、そんなご主人の様子を見て奥さまが思うのは、

「何にもわかってない」
「今さら・・・」

でした。

同じような例で、「笑ってしまう」とおっしゃる奥さまもいました。

ご主人が思う妻の不満、奥さまの本当の不満。両者にズレがあると想像するのは難しくないでしょう。そのズレを解消する最初の一歩はコミュニケーションです。

もっとも、関係の悪化でカウンセリングルームに足を運ばれるご夫婦は、コミュニケーションを取ろうとしてもいつも同じパターンで衝突をくり返したり、一方がコミュニケーションを拒否している例が少なからずあります。

そのような状況に陥っているご夫婦は夫婦カウンセリングをお試し下さい。

それはさておき、ただ会話をするだけでは、コミュニケーションが取れているとは言えないようです。

コミュニケーションとカンバセーションの定義

コミュニケーション(communicaiton)を辞書で引くと以下のように定義されています。

〔情報の〕やりとり、連絡、伝達
〔伝達される〕情報、メッセージ、手紙
〔お互いの〕共感、感情的つながり、ラポール
“communication”の検索結果(3366 件):英辞郎 on the WEB:スペースアルク

カンバセーション(conversation)を辞書で引くと以下のように定義されています。

「会話、話し合い、対談、雑談、座談、交際、社交」
“conversation”の検索結果(1803 件):英辞郎 on the WEB:スペースアルク

会話(カンバセーション)を手段としてメッセージや情報を伝え、お互いの理解・共感を深めるのがコミュニケーションと言って良さそうです。

コミュニケーションの再定義

相手のメッセージや情報を受け取り、お互いの理解・共感を深める行動
自分のメッセージや情報を伝えて、お互いの理解・共感を深める行動

カンバセーションの再定義

コミュニケーションの手段・道具

心に描く絵を一致させる

ある例

「初日の出」を見に行く相談をしている夫婦が、それぞれ以下のような絵を心に描いているとします。

妻:「山の間から昇るお日さま」
夫:「海の水平線から昇るお日さま」

相手も同じ絵を描いてると思い込んでいたら、行き先をどうするかの話し合いを進めても話は噛み合わないかもしれません。時には「何わけのわからないことを言ってるんだ」とイライラするかもしれません。

売れるセールスマンと売れないセールスマン

売れるセールスマンと売れないセールスマンには以下の違いがあると言われます。

売れるセールスマン
「お客様のニーズを引き出し理解して、ニーズを満たすものを提示する」

売れないセールスマン
「売りたいものの特徴・長所を説明して説得する」
「お客様はこれがほしいだろうと(確認せずに)思い込んで、特徴・長所を説明して説得する」

どんなに良いものであっても、ほしくないもの、必要でないものを勧められるのは、時には迷惑となります。最初に紹介した夫婦の例は、売れないセールスマンと同じ思考パターンに陥っているのかもしれません。

「わかってるはず」が生む、いらだち

夫婦・家族のコミュニケーションが難しいのは、お互いをよく知っているだけに、

「(言わなくても相手は)わかってるはず」
「(聴かなくても相手のことは)わかってる」

という考えが心のどこかにあるからです。上司・部下・同僚に対して似た考えを持っている場合もあるでしょう。その考えは、時には相手に対するいらだちを生みます。いらだちは、さらにコミュニケーションを悪化させます。

恥ずかしながら、カウンセラーも夫婦や家族のコミュニケーションにおいて、このワナに陥ることがあります。このワナから逃れるには、「(この件について、私または相手は)知らない」という姿勢でいることです。

知らないから理解しようと努めます。相手が知らないからしっかり伝えようと努めます。お互いが心に描く絵にはズレがあるという認識を持つことです。

カテゴリー:コラム

投稿日:2013.03.22
更新日:2018.12.07

ページの先頭へ戻る