HOME > コラム > ジョハリの窓:「自己理解」が深まると「気づき」が生じる

ジョハリの窓:「自己理解」が深まると「気づき」が生じる

ジョハリの窓とは

「ジョハリの窓」とは、自分についての4つの領域を示すモデルです。

ジョハリの窓

  • 開放:自分も他人も知っている自分
  • 盲点:他人は知っているが、自分は知らない自分
  • 秘密:自分は知っているが、他人は知らない自分
  • 未知:自分も他人も知らない自分

一般的に「開放」領域が大きい場合、対人関係が良好でコミュニケーションが円滑です。カウンセリングでは、相談者の自己開示とカウンセラーによるフィードバックによって「開放」領域を広げて、相談者自身の気づきを重ねるサポートを行います。

自己開示

相談者がカウンセラーに自己開示すると、カウンセラーは相談者のことを知るようになります。「開放」の領域が広がります。

自己開示

フィードバック

カウンセラーは、相談者の語りや表情、仕草などから、感じたことを相談者に伝えます。

フィードバックによって、「そんな風に見えているのか」「そう受け取られているのか」と気づくことがあります。そうして「開放」領域が広がります。

フィードバック

気づき

「自己開示」と「フィードバック」を重ねることによって「開放」領域が広がります。その積み重ねが自己理解を深めます。「未知」の領域の「気づき」を促します。

気づき

来談者中心療法のカウンセラーは、相談者が「気づき」を積み重ねる支援を行い、その結果、相談者が自ら解決に向かうことを支援します。

他者を通じて気づきを重ねる

ジョハリの窓が示しているのは、人は人を通して気づきを得て、自己理解を深めることです。カウンセラーが鏡と言われるのは、相談者はカウンセラーを通して自分自身と対話しているからです。

話すことにより、気づきと自己解決を促進することができます。ただし、話し相手は誰でも良いというわけにはいきません。

相談したいと思うとき、その内容は誰にでも話せることではありません。信頼できる人だからこそ安心して話せます。人として信頼できても、話を最後まで聞かずにアドバイスしてくる人だと、話さなければ良かったと思うでしょう。

話を効果的に聴くのは案外むずかしいものです。手前味噌になりますが、だからこそカウンセラーを利用してほしいと思います。セラピー(心理療法)としての傾聴ができる人に聴いてもらうと、「未知」領域に気づく体験ができるはずです。



カテゴリー:コラム
キーワード:,
投稿日:2012.01.10
更新日:2017.09.28

ページの先頭へ戻る