HOME > 日々雑感(ブログ) > わが家の節目

わが家の節目

年度初めは多くの人にとって節目ですが、わが家にとって今回の年度初めは、この数年間の中でも大きな節目になりそうです。一番下の子(次女)が中学生になったからです。

卒業式(^^)

3月19日(火)は小学校の卒業式でした。天気に恵まれました(^^)

卒業式!

小学校と中学校はわが家からまったく逆の方向にあります。もう、小学校に行くことも、近くを通ることもめったにないなーと思うと、ちょっとさびしい気持ちになったりします。

入学式(^^)

4月5日(金)は中学校の入学式でした。この日も天気に恵まれました(^_^)

入学式!

この中学校の入学式では、吹奏楽部が歓迎演奏を行います。

歓迎演奏!

去年、一足先に入学した長女も、吹奏楽部の一員として演奏しました。

5年前の長男の入学式が、この演奏を初めて聴く機会でした。とても感激したのが昨日のことのようです。

長男の頃

長男は幼稚園の頃から音楽が好きでした。先生のスキを見つけて?よくオルガンを弾いてました。妻はママ友から「ピアノ習ってるんでしょ」としばしば言われたようですが、そうではなく我流で音を探して弾いてました。

小学生になって、ピアノを習いたいと言い出しました。二人の娘がまだ小さくて、妻が付き添うには少し負担が大きすぎました。かといって、一人で行かせるのは心配でした。なかなかリクエストに応えることができませんでした。

それでも彼は結構しつこくて(笑)、夏休みの頃、熱意に負けて習わせることにしました。

中学生になったら当然、吹奏楽部に入ると思ってました。

入部届の提出期限日の朝、何気なく「どのクラブにすんの?」聞いてみると、「陸上部」と言います。

私も妻も、「は?」「何言ってるの?」と目が点に(・。・)

音楽が好きで、あの演奏を聴いておいて、「何で?」「何で?」「何で?」と

押し付けてはいけないと思いながらも、吹奏楽部に入ってほしいという希望もありました。

「なぜ陸上部なのか?」「なぜ吹奏楽部じゃないのか?」聞いてみました。

吹奏楽部は練習時間が長く休みもほとんどありません。彼は「ピアノと吹奏楽部を両立できますか?」と顧問の先生に聞いたそうです。

先生の返事は「難しいな~」

ピアノを続けたい気持ちと、頼み込んで習わせてもらっているという気持ちから、「ピアノをやめて吹奏楽部」という選択ができなかったようです。

「本当は吹奏楽部」という気持ちがわかった私と妻は、彼を説得にかかりました。

「やるだけやってみて、両立が無理ならどちらかをやめたらいいんとちゃう?」

割と簡単に受け入れました(笑)

結果、3年間両立することができました。3年生の時には全国大会出場という幸運もありました。

ますます吹奏楽にのめり込み、吹奏楽コースがある高校に進学しました。

もし、あの日の朝、「どのクラブにすんの?」と聞かなければ、今とまったく違う現実があったかもしれません。あの言葉が、親として彼にしてあげることができた最大のものだったかもしれません。

定期演奏会(^^)

4月7日(日)は定期演奏会でした。

スプリングコンサート!

「この間まで小学生だったあの子が、よくぞここまで!」というのが、中学生の吹奏楽で最も感動することです。

マイペースでおっとりした長女がキリッ!としてました。演奏する姿もサマになってました。成長してるんやなぁ~と、しみじみと。

開演前にパチリ。ごめんなさいm(_ _)m

スプリングコンサート!

来年は次女も一員として舞台に上がります。今から楽しみでワクワクします(^^)

節目

今回は、妻、次女、私の3人で鑑賞しました。来年から妻と2人で鑑賞することになります。

吹奏楽部は年中ほぼ無休で活動します。次女も間もなくその生活に入ります。子どもと過ごす時間がぐっと減ります。夫婦で過ごす時間が増えることになります。

昔は悪い時期もあったのですが、今は夫婦仲がとても良好です。それでも、これからの夫婦のあり方を考える時期が来たと感じています。

いくつになっても、その年にふさわしい課題が待っていて、だからこそ成長し続けることができるのでしょう。楽しみながら取り組んでいきます。

カテゴリー:日々雑感(ブログ)
キーワード:,
投稿日:2013.04.09
更新日:2015.02.03

ページの先頭へ戻る