HOME > 日々雑感(ブログ) > 成長曲線

成長曲線

ドラゴン桜(1) (モーニングKC (909))
ドラゴン桜(1) (モーニングKC (909))

吹奏楽の甲子園出場!!

中学3年生の息子。吹奏楽部でバストロンボーン担当。

その吹奏楽部が去る2010年10月30日、全日本吹奏楽コンクールに出場しました。

asahi.com(朝日新聞社):大阪・豊中第十一中が銀賞 初出場、のびのび演奏 吹奏楽コン・中学の部吹奏楽 – 教育

OB・OGよるハンカチのプレゼント。

OB・OGからのプレゼント

OB・OG数名が全国大会に同行してサポートしてくれたそうです。

本人達の努力はもちろんですが、周囲の支えも大きいですね。感謝です。

終わって1ヶ月が過ぎました。

もう過去の話のはずですが、色々とエピソードを聞く機会があり、未だに感動したり、驚かされたりしてます。

技術より、どれだけ伝わるか

生徒たちは身体を揺らしながら演奏しています。リズムをとっていると思ってました。

息子に「リズム取ってるんやろ」と聞いてみたところ、予想外の答えが返ってきました。

曲が決まったら、曲や作者について調べる。

曲に込められた意味を自分たちなりに解釈して、どのように演奏すれば伝わるかを考える。

音に気持ちを乗せようとすると、自然に身体が動く。

全国に出る学校はレベルに大きな差はない。どれだけ伝えられるかで勝負は決まる。

想定外の回答でビックリしました。中学生がそこまで考えているのかと。

演奏が終わった直後、涙を流す生徒がいます。気持ちを最大限に込めて演奏した結果、感極まってしまうようです。

その成果が8月の関西大会で出た。前の出場校の曲に合わせ、舞台袖で部員らが体でリズムをとり出した。リラックスして臨んだ本番では、多くの部員が感動の涙を流しながらの演奏に。それが観客を魅了し、全国出場につながった。本番中に泣いた宮本さんは「自分が感動すれば人も感動する、と思った」と振り返る。

asahi.com(朝日新聞社):チームワークと集中力、感動を自分に客席に 関西代表・豊中第十一中吹奏楽 – 教育

そんな話を聞いて、改めて演奏を聴き直すと目頭が熱くなります。

親バカの見本です。

成長曲線

顧問の先生が赴任されて、今年で11年目を迎えられたそうです。

全国への道はこのようになってます。

地区 ⇒ 大阪府 ⇒ 関西 ⇒ 全国

8年目まで、「地区」「大阪府」で好成績を残すものの、「関西」には手が届かなかったそうです。

9年目、「関西」初出場

10年目、「関西」連続出場

11年目、「全国」初出場

横ばいのグラフが上を向いたら一気に駆け上がりました。

まさに「成長曲線」

成長曲線

「ドラゴン桜」では、以下のように「成長曲線」が紹介されていました。

勉強量に比例して成績がアップすることを期待するが、最初のうちは、勉強量が増えてもなかなか成績は伸びない。

それでも積み重ねていくと、ぐんと伸びる時期が来る。そして、受験直前に一気に合格圏に突入する。

東大に現役で合格する生徒はこのパターンが多い。

目の前で見せつけられると説得力ありますね。

大物?

そういえば息子、本番当日に寝坊したらしいです。先生にめちゃくちゃ怒られたらしいですよ、と教えてもらいました。

大物?

そういうことにしておきましょう。

カテゴリー:日々雑感(ブログ)
キーワード:,
投稿日:2010.12.01
更新日:2014.08.12

ページの先頭へ戻る