HOME > 認知行動療法

「認知行動療法」キーワードのページ一覧

田中将大投手の『体技心』

キーワード:  投稿日:2017.04.28

今日の朝刊スポーツ欄に、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が特集されていました。 関心を引かれたのは『体技心』という言葉。心・技・体の順ではなく、体・技・心の順です。田中投手の言葉で、「まずは体と技術を整えて、最後は […]

 田中将大投手の『体技心』

認知や行動は、修正するのではなく選択肢を増やす

キーワード:,  投稿日:2017.04.26

有料会員じゃないので記事の内容はわかりませんが、「認知行動療法は、ものの見方や行動パターンの選択肢を増やすことで、問題に落ち着いて対処し、ストレスの増大を防ぐことを目指す」という説明はいいですね。選択肢を増やすという表現 […]

 認知や行動は、修正するのではなく選択肢を増やす

不登校などの問題を抱えた生徒を難関大学合格へ導く予備校

キーワード:,,  投稿日:2016.09.15

神戸市中央区に神戸セミナーという予備校があります。タイトルの通り問題を抱えた生徒を大学合格に導くことに重点を置く予備校です。その神戸セミナーの保護者・生徒を対象とするガイダンスに参加しました。 なぜ参加したのか? 神戸セ […]

 不登校などの問題を抱えた生徒を難関大学合格へ導く予備校

セルフ認知行動療法がうまくいかないのは

キーワード:  投稿日:2016.09.07

自分でやる認知行動療法の書籍がたくさん販売されています。それらに取り組んでもうまくいかなかったとおっしゃるクライエントは少なくありません。なぜ、うまくいかないのでしょう。 認知行動療法とは 認知行動療法は、習慣的に繰り返 […]

 セルフ認知行動療法がうまくいかないのは

楽しいデートだったのに、この酷い渋滞で台なしだ(白黒思考)

キーワード:,  投稿日:2016.09.03

自分をつらくさせる考え方のクセ ー 白黒思考 オール・オア・ナッシング(全か無か)思考とも言います。「(いつも100点を取ってるテストなのに)今回は80点だった。もうダメだ」、「全部片づけられないなら、何もしない方がマシ […]

 楽しいデートだったのに、この酷い渋滞で台なしだ(白黒思考)

上司の機嫌が悪いのは、私の仕事が不満だからに違いない(個人化)

キーワード:,  投稿日:2016.09.01

自分をつらくさせる考え方のクセ ー 個人化 良くないことが起こったとき、自分に関係ないことでも自分の責任と思ってしまうクセです。自己関連づけとも言います。上司が同僚を叱責しているとき、そのミス(またはトラブル)の原因は自 […]

 上司の機嫌が悪いのは、私の仕事が不満だからに違いない(個人化)

常に周囲に気を配り、他者に不快感を与えないようにすべき(べき思考)

キーワード:,  投稿日:2016.07.28

自分をつらくさせる考えたかのクセ ー べき思考 他者に向かうと人間関係に悪影響を及ぼす 誰もが社会の一員であり、社会の一員である以上、社会から一定のマナーを守ることを期待されます。同様に、私たちは他者にマナーを守ることを […]

 常に周囲に気を配り、他者に不快感を与えないようにすべき(べき思考)

しまった!間違えた!→私は「いつも」大事なところで失敗する(過度の一般化)

キーワード:,,  投稿日:2016.07.15

自分をつらくさせる考え方のクセ ー 過度の一般化 コップの中の水にインクを一滴たらすと、さーっと広がって染まっていきます。 良い仕事をたくさんしてきたのに、一つのミスが起きた途端、成功を失敗で覆い隠してしまいます。そして […]

 しまった!間違えた!→私は「いつも」大事なところで失敗する(過度の一般化)

ページの先頭へ戻る