HOME > コラム > モデリング(観察学習)

モデリング(観察学習)

観察

心理学における学習とは以下のように定義されます。

経験によって生じる比較的永続的な行動の変化

経験とは、練習や体験など実際に身体を動かすことだけではなく、他人の行動を観察することも含まれます。

観察するだけで成立する学習

身体を動かす体験をしなくても、モデルとなる人の行動の観察によって成立する学習があります。これをモデリング(観察学習)と言います。

モデルの行動をじーっと観察したあとにやってみると、初めてにも関わらずうまくできた経験をお持ちの方は多いと思います。

モデリングが起こるメカニズムは十分に解明されていませんが、ミラーニューロンの働きによって、観察者の脳は自分が行動しているのと同じように反応するからという説が有力です。

筋肉を使う随意行動に成立しやすい学習です。インプットが多いほどモデリングが促進されます。また、集中して観察するほど促進されます。

観察によって強化される

行動によって良いことが起こるとその行動は強化されますが、それを観察している人にも強化が起こります。これを代理強化と言います。

モデリングの理論が注目されるようになったのは、提唱者であるバンデュ−ラが行った人間の攻撃行動に関する実験によってです。

大人が人形に乱暴を働き攻撃するシーンを子どもに観察させます。攻撃した後には3つのパターンがあります。1)報酬を得る、2)罰を受ける、3)強化を受けない。報酬を得たシーンを見た子どもの攻撃行動は増大しました。

ただし、攻撃的なシーンが原因で攻撃性が高まるのか、攻撃的な人が好んで攻撃的なシーンを見るのか、両方なのか、因果関係は特定されてません。

人間以外の生物にも起こる

モデリングは人間に限ったことではありません。

一匹の猿が食べものを水で洗うようになると、他の猿も真似します。温泉に入る猿も、元は一匹の猿が始めたことでしょう。

他の生物にも起こるということは、学習効果が強力ということです。社会的スキルの学習を支援するソーシャル・スキル・トレーニング(SST)などにモデリングが用いられています。

強豪校が毎年強いわけ

どのような話も吹奏楽部へつなげたくなるのが私の悪いクセです。

うちの子が通う中学は公立ですが、吹奏楽部は毎年良い成績を残しています。要因は一つではなく色々なものがあります。一つは、モデリングの対象=先輩のレベルが高いからです(根拠なく断言)。

吹奏楽部は練習時間が長いです。インプットが多くなります。モデリングが捗ります。目の前にいるのは全国レベルの先輩達です。質の高い行動がモデリングされます。

当たり前のレベルが高いはずです。「全国に行くぞ!」と口にしても、心に「むずかしいよね〜」がある人と、「行くに決まってるでしょ」がある人とは、同じ練習をしても違いが出ると思います。そんなメンタルの部分もモデリングされてるはずです。

そんな環境を作ったのは顧問の先生。結局のところ、組織はトップで決まるんですね。わが子が素晴らしい先生に教わる幸運にいつも感謝してます。

カテゴリー:コラム
キーワード:,
投稿日:2015.11.26
更新日:2016.02.23

ページの先頭へ戻る