HOME > コラム > ジョハリの窓とは:自己開示とフィードバックが「自己理解」を深め「気づき」を生む

ジョハリの窓とは:自己開示とフィードバックが「自己理解」を深め「気づき」を生む

カウンセリングの目的の一つは、クライエントが自己洞察と自己理解を深め、クライエントの中に埋もれている、クライエント自身が持っている答えや解決策に気づくことです。

自信を持てない人によくあるのは、自分をよく知らないために自分の中にある解決策に気づかずに、(自分に合ってない)他者のやり方に従おうとすることです。そのような人(自己評価が低い人、自己肯定感を持てない人)が自信を獲得する第一歩は自分を知ること、つまり自己理解を深めることです。

参考:「自分に自信がない」の克服

下の図は「ジョハリの窓」と呼ばれるモデルです。対人関係における自己開示、コミュニケーション、気づき、自己理解などの説明に使われています。

参考ページ:ジョハリの窓 – Wikipedia

ジョハリの窓

自分には4つの領域が存在すると考えます。

  • 開放:自分も他人も知っている自分
  • 盲点:他人は知っているが、自分は知らない自分
  • 秘密:自分は知っているが、他人は知らない自分
  • 未知:自分も他人も知らない自分

「開放」領域が広がればコミュニケーションが良くなることは、感覚的に理解できると思います。「開放」領域を広げる方法は2つあります。1つは、あなたの「自己開示」です。もう1つは、相手からの「フィードバック」です。

自己開示

あなたが相手に自己開示すると、相手はあなたのことをより知るようになります。そして「開放」の領域が広がります。

自己開示

フィードバック

あなたの話を聴いたり、あなたの様子を見た相手が、感じたことをあなたに伝えることがあります。

その言葉を聴いて、「そのように受け取られているのか」「そう見えているのか」と気づくことがあります。「盲点」の領域にあるものの気づきです。そして「開放」の領域が広がります。

フィードバック

気づき

「自己開示」と「フィードバック」を重ねることによって、「開放」の領域がどんどん広くなっていきます。自己洞察と自己理解が深まります。その過程で、あなたも相手も知らなかったことに気づくことがあります。「未知」の領域の「気づき」です。

気づき

「気づき」は「意欲」を生みます。「気づき」が深ければ深いほど「意欲」が強くなります。

成長のスパイラル

強い「意欲」は「行動」を生みます。「行動」すれば「結果」が出ます。「結果」が良ければ「自信」がつきます。「自信」は「意欲」を生みます。こうして成長のスパイラルが生まれます。

成長のスパイラル

変化をもたらすのは多くの場合「行動」です。しかし、闇雲な行動がかえって事態を悪化させることもあります。適切な行動計画が必要です。カウンセリングでは、行動計画の立案・実行・評価・改善のPDCAサイクルを含むサポートを行い、望む変化を手に入れるまでご一緒します。

安全な場所・安心できる相手だからこそ、自己開示できる

自己開示は心理的な負担を伴うことがあります。他者が自己評価以上に自分を評価してくれると感じたとき、その評価を守りたくなるのが人の気持ちでしょう。特に自分に自信がない人ほどそうなりがちです。「本当の私を知ったら失望するかも・・・」その恐れが自己開示を躊躇させます。

自分に自信がない人は、自分の欠点(と思っていること)はよく見えるのに、長所には気づかなかったり、気づいても過小評価しています。そのような人に必要なのは、自己理解を深めることです。自己理解を深める最初の一歩は自己開示ですね。

自己開示するには、「何を話しても否定されない」「何を話しても受け入れてもらえる」「個人情報が保護される」という安全な場所・安心な相手が必要です。それを提供するのがカウンセリングです。

カウンセラーは、あなたの話の善し悪しを判断しません。善し悪しの判断は問題解決に役立たないからです。どのような話も言葉も、感情・思考・その大きさ・影響の度合いを示すサインとしてのみ受け取ります。

カウンセラーは、あなたを肯定的に受け入れます。お話しになる内容はすべて大切な個人情報です。厳重に保護されます。ご家族やパートナーからのお問い合わせにも、あなたの許可なしにお答えすることはありません。

どの心理療法を用いるにしても、この姿勢が土台となります。安心してお試し下さい。

初回はお試し価格にて

初回はお試し価格(対面・スカイプ共)です。初回のみで終えられても差し支えありません。気軽にお申し込み下さい。お目にかかるのを楽しみにしております。

詳しくはコチラ

カテゴリー:コラム
キーワード:,,,
投稿日:2012.01.10


ページの先頭へ戻る

カウンセリングのご案内 クライエントの声 自分に自信がない 夫婦カウンセリング